松田優作の子供は何人?息子は俳優の龍平と翔太?娘の画像は?

さて今回は俳優の松田優作さんを取り上げます。

松田優作

160211-0017

本名 金 優作(1949年 – 1973年)
松田 優作 (1973年 – )
生年月日 1949年9月21日
出生地 山口県下関市
身長 183cm
血液型 A型
職業 俳優、歌手
活動期間 1972年 – 1989年

昭和を代表する俳優の1人である松田優作さんですが代表作としては探偵物語や太陽にほえろがあります。

殉職シーンの「なんじゃこりゃぁ〜」っていう言葉は名言ですね。

150707-0019-300x197

活躍は日本だけには留まらずハリウッド映画のブラックレインに出演し話題になりました。この時代にハリウッド映画に出演するってトップニュースになるぐらいの快挙だったようです。

ドラマや映画など多数のオファーがあり俳優としてこれから絶頂期に差し掛かる時に膀胱がんに侵され40歳という若さで旅立ってしまいます。

松田さんは在◯韓国人だったの?

日本人の父と在日韓国人3世の母との間に非嫡出子として生まれた。ハーフ。

松田さんは自分の国籍についてすごく悩んでいたようです。

僕は今年の7月から日本テレビの『太陽にほえろ!』という人気番組にレギュラーで出演しています。

視聴率は子供から大人までと幅広く、家族で楽しめる番組です。僕を応援してくれる人も沢山できました。

現在は松田優作という通称名を使っているので、番組の関係者にも知られていませんが、もし、僕が在日韓国人であることがわかったら、みなさんが、失望すると思います。

特に子供たちは夢を裏切られた気持ちになるでしょう。

テレビや映画の制作に関わる共演者や関係者にはかなり気を使っていました。配役に入り込むのも大変だったと思います。

自分が在日だというだけで、そのことをもし相手に知られたら、愛する人が自分の元を去ってしまう。

優作は自分の出自に関し、そんな恐怖、恐れを抱いていた。

人間性ではなく、出自が違う。それだけで差別され、虐げられてきた体験が優作にあったということだろう。

幼いころの心の傷が癒えないまま芸能界で人気者になったことでより一層、帰化について考えたのかもしれません。そして松田優作さんは1973年に帰化しています。

プライベートでは松田優作さんはバツイチでした。次からは妻や子供について見ていきましょう!

スポンサーリンク

元嫁はどんな人?子供はいるの?

優作さんの最初の結婚は1975年9月。当時同じ劇団で活動していた、作家の松田美智子さんと約4年の同棲を経てゴールインした。

150707-0021-246x300

松田 美智子(まつだ みちこ、1949年8月7日 – )は、日本の作家。本名は同じで、旧姓は熊本。松田 麻妙(まつだ まみ)、雨宮 早希(あめみや さき)のペンネームでも執筆している。

現在の松田美智子さんの写真ですが清楚な感じの日本美人って感じですね。現在は作家ですが優作と出会った時は女優として活動していました。

堀真弓(ほり まゆみ)の芸名で女優として活動し、TBSテレビ『ポーラテレビ小説』第7作『ひまわりの道』(1971年)などに出演していたが、優作との結婚(1975年9月21日)により女優活動を停止した。芸名の真弓を縮めて、家庭ではマミと呼ばれていた。

お子さんは?

1人お子さんがいます。

1976年12月25日に長女が誕生

現在の長女は?

優作が亡くなったのは、娘が中学に進学した年でした。

娘は両親が別れることになった経緯を、テレビや週刊誌で知ることになって、複雑な感情を抱いたと思います。

私は娘に父親を嫌いになってほしくなくて、“あなたのことをものすごく愛してくれた”“養育費も払ってくれた”などと話しましたが、“そんなことは当たり前でしょう”とむしろ反発していましたね。

とにかく“松田優作の娘”だっていうことを知られたくないっていう思いがすごく強かったんです。

その後娘は、芸能界とは全く関係ない世界で生きることを選択し、社会人として生きてきました。

すでに結婚し、子供にも恵まれました。そのことは優作の墓前にも報告しています。きっと優作は祝福してくれていると思います」

両親の離婚理由を知ってしまい相当ショックだったんですね。両親が有名人だと知りたくない情報も勝手に流れてくるので大変です。

優作さんと美智子さんは1981年12月に離婚しますが円満離婚とはいかなかったようです。親権は美智子さんが持つことになりました。

離婚理由は略◯愛だった?

松田美由紀さんと松田優作さんとの結婚は、略◯婚と言われています。

当時、松田優作さんには、作家の松田美智子さんが奥さんで、子供が二人いました。しかし、松田美由紀さんとの共演がキッカケで、不◯関係になってしまったそうです。

松田優作さんは子供もいるので、離婚はしたくなかったみたいですが、松田美由紀さんが強引な方法で離婚させたという、噂があります。

昼ドラ並みにどろどろした内容ですね。しかも松田美由紀さんが18歳の未成年だったので余計に世間を騒がせました。

長女はこの一連の離婚騒動を知ってしまったようです。お父さんと会いたくないと思うのも仕方ないですね。

現在の嫁はどんな人?

1983年に女優の熊谷 美由紀(くまがい みゆき)さんと再婚

150707-0020-245x300

生年月日 1961年10月6日(54歳)
出生地 東京都杉並区
血液型 AB型
職業 女優
活動期間 1979年-1983年,1990年-
配偶者 松田優作(1983年-1989年)

美由紀さんの一目惚れだった?

初めて会った時は、めちゃめちゃかっこよかった。

現場でいきなり「落ち着け」と言って、ハグをしてくれた。優しい包容力にドキっとして、絶対結婚すると思った。

20歳の時、松田優作と結婚。本当は仕事をしたかったが、大変だと思って家庭に入った。

出会った当時は美由紀さんは18歳だったので大人の優作さんがかっこ良く見えたと思います。美由紀さんは超肉食系女子で優作さんの自宅まで押しかけて離婚するに説得したという伝説もあります。

恋は盲目と言いますがちょっとやり過ぎな感じはします。これだと略奪婚と言われても仕方がない部分はありますね。

美由紀さんとの間に3人のお子さんを授かります。そして全員芸能人です。美男美女のDNAを全員が引き継いでいるってスゴイですね。

長男 松田龍平について

160211-0018

生年月日 1983年5月9日(32歳)
出生地 東京都
身長 183 cm
血液型 B型

元々は俳優志望ではなかったようです。

小学生からサッカーを始める。

中学生時代、横河電機のユースクラブに所属。短期間ではあるがイタリアのセリエAのジュニアチームにキーパーとして参加。

Jリーグ全盛期ということもあり、将来はサッカー選手を目指していた

自分の才能の限界を感じて俳優を目指しますがすぐに演技力が評価されるようになります。

1999年、映画『御法度』(大島渚監督)でデビュー。

同作により日本アカデミー賞、キネマ旬報、毎日映画コンクール、ブルーリボン賞をはじめ、その年度の新人賞を総嘗めにした。

サッカーしかしていないのにすぐに俳優に転向して結果を出せるって両親のDNAがちゃんと引き継がれていますね。その後は様々なドラマや映画に出て個性派俳優として活躍しています。

プラベートでも結婚して子供もいます。

2009年にはモデル・女優の太田莉菜と結婚し2人の子供を授かっています。

150707-0023-246x300

生年月日 1988年1月11日
現年齢 28歳
出身地 千葉県四街道市
血液型 B

次男 松田翔太について

150707-0024-276x300

生年月日 1985年9月10日(30歳)
出生地 東京都杉並区
身長 181 cm
血液型 A型

お兄さんとはまた違った色気がありますね。目元がお父さんのソックリです。現在はまだ独身ですが熱愛の報道がたくさんありました。

元モーニング娘の小川麻琴さん

150707-0025-255x300

モデルの黒田エイミさん

150707-0026-230x300

女優の沢尻エリカさん

150707-0027-230x300

女優の忽那汐里さん

150707-0028-206x300

こうやって並べてみるとすごいメンツです。最近では手をつないでいる写真を撮られたのが女優の忽那汐里さんですね。破局したとい情報がないので結婚間近なのかもしれません。

長女 松田夕姫(Yuki)

150707-0030-257x300

名前:松田夕姫(まつだ ゆうき)
生年月日:1988年
出身地:東京都

長女は女優ではなく歌手として芸能活動しています。

「Young Juvenile Youth」のバンドのボーカルを担当。

160211-0019

電子音楽家のJemapur(ジェマパー)との男女デュオのユニットです。Yukiが作詞を担当。

デビュー前に音楽留学もしています。

高校時代に3年間カナダに留学していたそうです。3年間というとまるまるですねw

そして、アメリカで2年間、音楽や芸術を学び、2012年からライブハウスなど活動開始。

松田優作の娘ということを隠してバンド活動をしていたようです。

最近、売れ始めてきたようですがまだまだ駆け出しで知名度が低いようなのでブレイクできるように頑張ってほしいです。熱愛彼氏の情報が全く無いので今は音楽活動に専念している時期かもしれないですね。

3人の子供たちが偉大な父親を追い越せるぐらい芸能界で成功してほしいですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連記事/スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.