岸谷香(奥居香)子供の名前は?息子が受験合格?中学校は早実?聖光?

さて、今回は岸谷香さんを取り上げます。

岸谷香(奥居香)について

150725-0003-227x300

プリンセスプリンセスのボーカルで解散直後の2ヶ月後に岸谷五朗さんとの結婚を発表しワイドショーで話題になりましたね。

151122-0013-300x230
化粧や髪型がまさにバブルって感じですね。
ヤンキーの集会のようにも見えます。みんな喧嘩が強そうですw

プリンセスプリンセスは人気絶頂のなか1996年に解散してしまいます。そして東日本大震災の復興支援で2012年に1年限定で復活しました。

みんなお母さんになってしていてメイクや髪型はだいぶ落ち着いていました。

151122-0014-300x178

限定復活の締めくくりとしてこの年の紅白歌合戦にも出演しています。奥居香が震災の大惨事を現地で目の当たりにして、メンバーに呼びかけて電撃的に再結成を決めたようです。

この限定復活はワイドショーや各新聞にも取り上げてられていたので時代を経てもまだ人気があることがわかりますね。CMのオファーもあったようです。

151122-0015-300x216

ライブパフォーマンスはパワフルで人気もまだまだあるのでまたいつか復活してほしいですね。

旦那の岸谷五朗との馴れ初めは?

150725-0004-197x300

生年月日: 1964年9月27日 (50歳)
生まれ: 東京都 武蔵野市
配偶者: 岸谷 香 (1996年から)
受賞歴: 日本アカデミー賞 新人俳優賞
ノミネート: 日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞

俳優と歌手って出会える場があるんですね。どうやら出会いは岸谷さんがパソナリティーをやっていたラジオ番組ようです。

当日岸谷さんは舞台メイクのまま放送されていてゲストで初対面の奥居香さんと年齢の話題になり、岸谷さんが「いくつに見えますか?」奥居さんが「全くわからない」みたいな会話をしている時に「このあま!」と言われました。しかし奥居さんは怒った様子もなく喧嘩なんてされてなかったように思います。その後もたびたびお互いの番組に遊びにこられてましたよ。その後岸谷さんは当時ラジオ局から当時ロックスターだった奥居さんに無名俳優がなんてこと言うんだとかなり怒られたとおっしゃってました。

初対面の印象は最悪だったようですが、共演NGになっていないので何か惹かれる部分が合ったのかもしれませんね。結婚直前は岸谷五朗にベタ惚れだったようです。こんなエピソードもあります。

プリプリ解散ライヴ(地方)でファンから「岸谷さんのどこが好きですか?」の問いに対して、「答えたくない」と言っていた香ちゃんですが、メンバーから「最後なんだからいいじゃない^^」と言われ、「仕事熱心なところ~」って恥ずかしながらも答えてくれたのが印象的でした。

ちなみにプロポーズはどんな感じだった?

プロポーズはその4 – 5日前で、岸谷の自宅でビールを飲み、柿の種をつまみながら「オレと一緒に記者会見を開きませんか」と切り出し、奥居が「そうしますかー」と応じた。

なんともフランクなプロポーズ。もしかしたらもうお互い結婚を意識していたのでそうなることが必然のように思っていた証拠かもしれないですね。

自宅は東京都品川区の大井町という噂があります。1億5000万円の豪邸らしいです。

スポンサーリンク

子供は何人?

2人の子供を授かっています。2001年に長男、2003年に長女を授かっています。

151122-0017

子供の年齢と名前は?

年齢は長男が14歳、長女が13歳です。名前や顔写真は公表されていませんでした。まだ義務教育中の学生で芸能活動もしていないようなので未公表は仕方ないですね。

兄妹の学校はどこ?長男は中学受験?

かなり教育熱心なママのようです。

息子さんも娘さんも多くの習い事をしており、長男が塾(サピックス自由が丘という噂です)、ピアノ、水泳、英会話、サッカー、テニス。長女には英会話、スケート、ピアノ、フットサルを習わせているそうです。このほか、家庭教師もついているのだとか。

こんなに習い事していると友達とまったく遊べないです。

本人も「子育てには絶対に手を抜かない」と公言しているだけあって習い事は
もちろんのことお受験もしています。

長男が通っていた小学校は東京都目黒区にあるトキワ松学園小学校です。

150725-0006

この学校ですが菊池桃子の子供も通ってますね。芸能人ご用達の学校として有名です。

長女が通っている小学校は東京都武蔵野市にある成蹊小学校です。

150725-0007-300x237

出身者には総理大臣の安倍晋三や元フジテレビアナウンサーの高島彩がいますね。こちらの学校も芸能人や有名人の御用達の学校ですね。

お兄ちゃんと同じ小学校に通っていない理由は学力の差ということになるのでしょうか。高校や大学なら自分で進路を決める可能性はあると思いますが小学校なので同じ場所のほうがそさそうです。

息子さんは中学でもお受験をしており見事、難関中学校に合格したという情報があります。

受験した中学校はどこなの?

長男が受験した学校としては開成、慶応、聖光学院、早稲田実業があります。どの学校も超有名校ですね。難関校に受験できるということだけでも教育ママのもとで着実に偏差値を上げていったことを証明していますね。

受験した中学校のうちいくつか合格したようですが通っている学校は第一志望の早稲田実業と言われていますね。

息子が中学受験に合格した時の喜びをブログで爆発させていました。

チビゴ、バッチリ欲しかった合格を勝ち取ってきましたーーー

発表を一緒に見に行き(掲示だったの)私は老眼だし、数字がごちゃーっと並んでて、緊張と焦りとで、何がなんだかわからないでいる横で「あった」と、小さく呟いた、チビゴの低い、思春期特有の、喜んだら損だ、ぐらいの淡々とした声の中に、にわかに嬉しさを秘めた声が!

一生耳に残る一言でした。

仕事をセーブしながら息子の受験を第一優先にして親子で掴んだ合格だったので嬉しさが呼んでいるこちらにも伝わってきますね。

そもそも奥居さんが子供のお受験にこだわるにはそれなりの理由があったようです。それは奥居香さんの学歴コンプレックスから来ているようです。

ブログで赤裸々に自身のコンプレックスについてブログで綴っています。

≪付属の学校だったにもかかわらず、私はバンドに夢中で、全然勉強せずに、付属高校に落ちたのよ。ここまでは、よく話す話だが、この先はみんなに言った事はない…実は私は、進学したものの、プリやってたから、大学ってものも行ってなく、いわゆる学歴コンプレックスみたいなものがあったの≫

こうした自らの後悔と、子供たちにそういう思いをしてほしくないという母心が、歌姫を受験闘争に駆り立てたようだ。

長男は第一志望に見事合格を果たした。2月3日のブログで、彼女は喜びを爆発させた。歓喜の瞬間、岸谷は思わず号泣し、長男を抱きしめたという。ママの執念は実った。

長女の中学受験ですが現在、成蹊小学校に通っているので成蹊大学までエスカレーター式に進学できるのでお受験はしないのでしょうか。

しかし奥居さんがどう考えているか不明なので今後お受験戦争に立ち向かうのかは注目したいですね。エスカレータではなくもっと難関中学を目指すことを考えてるかもしれないです。

息子さんのお受験が一段落したので娘さんへその熱意が移っているかもしれませんね。

教育方針について父親である岸谷五朗さんについて情報や発言などが全くないので子育てについてはあまり口出しせずに母親にお任せのようです。

ここまで徹底していると口出し出来ないというほうが正しいかも。

最近、離婚危機が報道されますが本当のところはどうなんでしょうか。子供たちのお受験で旦那さんの事をそっちのけにしているなどが引き金ならないといいですがw

今回は岸谷香の子供について書きましたが元ヤンキーでロックなヤンママとはかけ離れたイメージで教育熱心なお勉強ママだということがわかりました。

音楽活動や子供のお受験について情報があれば更新していきたいと思います。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連記事/スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.