伍代夏子の子供は?年齢は?画像は?結婚した旦那は杉良太郎?

さて今回は演歌歌手の伍代夏子さんを取り上げます。

伍代夏子

151127-0004-281x300

本名 山田 輝美
出生 1961年12月18日(53歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都渋谷区
ジャンル 演歌
職業 歌手
活動期間 1985年 –

鮮魚店の娘として生まれ幼い頃から歌が上手く歌手を夢見ていました。今でこそNHK紅白歌合戦に出場できるぐらいの人気がありますが下積み時代が長く3回も芸名を変えています。

1982年7月7日、星ひろみとして「恋の家なき子」でデビュー。発売元センチュリーレコード
1985年4月、加川有希として「夜明けまでヨコハマ」(平松政次とのデュエット、発売元センチュリーレコード)。1986年7月21日、本名(当時)の中川輝美に改名、「夢きずな」発売。
1987年9月21日、伍代夏子として「戻り川」で再デビュー。
1990年、「忍ぶ雨」が大ヒット、「NHK紅白歌合戦」に初出場。

演歌歌手といえば一発当てれば安定の印税生活とまで言われていますが売れるまでがかなり大変なようです。スーパーの屋上で営業など泥臭い仕事が大半のようです。

今では紅白歌合戦の常連となり1990年の初出場以来、22回も選出されています。代表作品は『ひとり酒』『金木犀』などがあります。

スポンサーリンク

結婚相手は?

2000年に俳優の杉良太郎さんと結婚

151127-0005-248x300

本名 山田 勝啓(やまだ かつひろ)
生年月日 1944年8月14日(71歳)
出生地 兵庫県神戸市長田区宮川町
血液型 O

伍代さんは初婚ですが杉さんはバツイチです。前妻は山田信子さんで芸能活動をされていたようです。1972年に結婚し、3人の子供を授かりますが1998年に離婚します。

離婚の翌年には伍代さんと再婚しているので杉さんの浮気が離婚の大きな原因ではないかと言われています。そもそも家庭内別居で冷め切っており子供たちの自立を待っていたとの噂もあります。今よくある熟年離婚のパターンかもしれないですね。

お子さんは2人の息子さんと娘さんがいます。息子さんの1人が山田純大さんという方で俳優活動をしています。

151127-0006

山田 純大(やまだ じゅんだい、1973年2月14日 – )は、俳優。東京都出身。父親は俳優・歌手の杉良太郎。本名は純大(すみひろ)。

成城学園初等学校卒。ハワイの中学・高校を経て、米ペパーダイン大学国際関係学部アジア学科卒。 ルーズヴェルトゲームが代表作品。

中学からハワイ留学とはさすがお金持ちの息子さんです。

日本の小学校に通っていました、小学校5年生の時に行ったハワイがすごくいいと気に入って、中学からハワイの学校に通うことになります。

最初は実母や妹さんと一緒に暮らしていました、15歳か16歳はじめあたりに家族が日本に帰ってしまい一人暮らしをし始めたそうです。中学高校とハワイの学校で、大学も半年間ハワイ大学に通っていました、その為に英語はペラペラです。

水戸黄門の角さん役としても活躍していました。そしてついに親子での共演も果たしています。

151127-0007

今後の活躍に期待していきましょう。ちなみに息子さんは独身です。田中美里さんと噂がありましたが恋には発展していないようです。

151127-0008

子供について

杉さんとの間にお子さんはいないようです。伍代さんはある理由で子供を作るのに消極的だったようです。

実は伍代夏子さんはC型肝炎(しーがたかんえん)に侵されていました。C型肝炎はC型肝炎ウイルスにかかることでなる病気。肝臓がんの80%がC型肝炎を原因として引き起こされる事が分かっています。

伍代夏子さんはC型肝炎であることで子供を産む事に消極的でした。しかし、杉良太郎さんは「2人で頑張っていこう」と言ってくれたと言います。そんな杉良太郎さんの男気に惹かれ2000年4月、2人は結婚しました。

感染が発覚したのが33歳の時で感染ルートは不明だったみたいです。大病を克服し今でも演歌活動ができているのは杉さんのおかげだと後に語っています。

C型肝炎について啓蒙活動をされています。

151127-0009-273x300

結婚から10年後、C型肝炎に効果的な薬品が開発されました。すぐさま伍代夏子さんは投薬を開始。

しかし、副作用で貧血や酸欠や発熱が起きてしまいました。1年半の闘病に耐え、伍代夏子さんはC型肝炎を克服。今ではその経験を活かし肝炎対策特別大使として肝炎の早期発見を呼びかけています。

実は杉さんも多くの慈善活動をやっています。今までに私財を10億円以上投じています。

財団法人日本・ベトナム文化友好協会理事長。法務省特別矯正監。外務省日本ベトナム特別大使。ベトナム社会主義共和国ベトナム日本特別大使、ハワイ州ホノルル市名誉市長、シンガポール日本文化協会名誉会長、麻◯追放協会会長などの肩書を持つ。

夫婦で慈善活動に力を注い
でいます。尊敬し合える理想の夫婦像ではないでしょうか。

性格は?

杉さん以下のように語っています。

伍代のことを、「性格は男性的」「江戸っ子らしく竹を割ったような性格」「情に厚い」「親孝行」「相手に細やかな神経が使える人」などと評している。

伍代さんの事を第一に考えて愛しているこをがよくわかりますね。器の大きさを感じます。今後の仲睦まじく助けあって慈善事業に芸能活動に頑張ってほしいですね。

V6三宅健の失言とは?

失言とは?

紅白歌合戦でV6・三宅健が伍代夏子の「ひとり酒」でバックダンサーを務める直前に「『紅白』ならではですね。伍代さんの後ろで踊らされてる……」と、噛んでしてしまったようです。

この失言について三宅さんはかなり落ち込んだようです。

伍代夏子さんのことを、一生忘れないと思う。伍代夏子さんに本当に申し訳なかった」と話し、後悔のあまり『紅白』後は眠りにつけなかったことや、あの失敗を正月の三が日いっぱい引きずっていたと告白していた。

テレビで見る印象と違ってめちゃくちゃ真面目ですね。お詫びの年賀状まで伍代さん宛に直筆で出したようです。

伍代さんもこの話題について気にしていないようです。

ラジオに出演した際、パーソナリテイから「踊らせたわけではないんですよね?」と冗談交じりに質問されると、伍代は「違いますよ~。面白かったですね」と、穏やかな口調でコメント。三宅からは「舞い上がって頭真っ白になった」「踊りも間違えそうになった」と言われたそうです。

伍代さんもお礼に三宅さんの自宅に焼酎を送ったそうです。今時の若い子にはない気配りですね。心温まるエピソードです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連記事/スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.